Galoisの基本定理


の正規拡大
を固定体とするの自己同型群
、となる中間体
、となる部分群
には、

という関係で1対1に対応する。
つまり、正規拡大の中間体と自己同型群の部分群が1対1対応する。

自己同型群のことを、Galois群という。

[0]Top



こだわりハウス
こだわりハウス写真館
ピンポイントストリートビュー
おもしろ画像のピンポイントストリートビュー